共用機器センターとは
利用の手引き
職員一覧
総合ニュース
業績紹介
リンク
イベント案内
  • 千葉大学研究設備活用システム(CURIUS)
  • 千葉大学共用機器センター利用案内
  • 主要装置一覧
  • 設備サポート
  • 分子構造解析化学講座

共用機器センターとは

トップ > 共用機器センターとは > 概要

共用機器センターとは

概要

概要

千葉大学共用機器センター(旧:分析センター)は、筑波大学に続き全国で二番目の分析センターとして、昭和53年4月(1978)に発足しました。学部などで予算的に購入・維持が困難な大型分析機器等を集中管理し、学内における研究及び教育の共同利用に供するとともに、分析技術の開発、研究を行うことを目的としています。

平成25年4月(2013)からは改組により「共用機器センター」となり、従来の目的に加え、学内における共用分析機器・設備の管理支援や、それに関わる教育研究も行っています。

各学部の先生方の強力なご支援と、独自のライセンス制度の確立により、多数の大型分析機器が順調に稼働しています。近年は化学系だけでなく物理学・生物学・医薬科学など幅広い分野の研究者の方々に利用されています。

また学外(地域社会)連携を含む教育・技術支援活動にも積極的に貢献し、セミナー・講習会の開催、依頼測定や共同研究の受け入れも行っています。さらに、自然科学研究機構が主宰する「大学連携研究設備ネットワーク」では、東関東地域の拠点校として、全国の研究機関との相互利用を推進しています。

平成24年度からは、文部科学省が推進する「設備サポートセンター整備事業」の千葉大学における中核組織として、学内共用機器の管理支援や、技術者の育成などの活動を推進しています。

センターの沿革もご覧下さい。

TOP