Center for
Analytical Instrumentation
CHIBA UNIV.

利用の手引き

利用の手引き

※図上で項目をクリックすると、説明にジャンプします。

利用前の手続き

1利用相談・利用形態の選択

機器の利用形態には以下の種類があります。ただし、機器によって利用形態や利用対象(学外利用の受け入れの可否)に制限がありますのでご注意下さい。

利用者測定:利用者自身が機器を操作します
      事前に機器または測定方法毎の「利用ライセンス」を取得する必要があります。

依頼測定: 機器管理担当者が試料をお預かりして測定を行い、データをお渡しします。
      「利用ライセンス」は不要です。

2設備NWへの登録【初回のみ】

機器の利用予約および利用料金の管理は、大学連携研究設備ネットワーク(設備NW)大学連携研究設備ネットワーク(設備NW)のオンライン予約・課金システムを介して行います。同システムを初めて利用する際には、所属する研究室・部署(機関)の登録手続きが必要となります。登録手続きが済めば、研究室ごとに設備NWの利用者アカウントを作成することができます。

利用者測定

3利用ライセンスの取得【初回のみ】

利用ライセンス申請資格者は、原則として理系学部4年生以上に相当する知識・経験を有している方です(一部の機器では別途制限あり)。
機器ごとに利用ライセンス取得に向けた利用講習を随時行います。講習回数は機器や利用者の熟練度によって異なります。既に同じ部署・研究室内にライセンス保持者がいる場合は、その方から基本的な講習(トレーニング)を受けて下さい。該当者がいない場合は、機器管理担当者が行います。
十分に講習を積んだ後、ライセンス試験(実技や筆記)を受けて合格すれば、ライセンスを交付します。なお、講習や試験による機器利用に対しては通常の利用者測定と同じ料金がかかります。また機器によっては別途、測定サポート料等がかかりますので、ご了承下さい。
ライセンス試験の合格後、交付申請書を提出すればライセンスが発行されます。なお、ライセンスは原則として年度内有効(更新可能)です。
またライセンス発行に伴い、千葉大学研究設備活用システム(CURIAS)千葉大学研究設備活用システム(CURIAS)のアカウントが作成され、ライセンス情報の管理や「測定データボックス」の利用が可能となります。

4利用者測定の予約

利用者測定の場合は、設備NWのオンライン予約・課金システムにログインし、利用したい機器の「相互予約」を選んで予約します。なお、機器によっては事前に設備NW内で利用資格申請をする必要があります。また、予約可能時間についても機器ごとのルールがありますのでご注意下さい。
予約のキャンセルが可能な時間も機器によって異なります。キャンセル料が発生する場合もありますので、事前にご確認下さい。

5利用者測定の実施

共用機器センター内の機器を利用する場合は、センターの所定の保管場所から各機器の部屋の鍵を受け取って下さい。またセンター外の共用機器を利用する場合も、原則として共用機器センターで鍵を受け取って下さい(別途、施設ごとに鍵を管理している場合もあります)。利用後は、速やかに鍵を返却して下さい。
利用者測定で得られたデータは、原則として利用後直ちに利用者が回収して下さい(パソコン内のデータは機器管理者が削除する場合があります)。この際、利用機器によって測定データの回収方法が異なります(測定データボックス・USBメモリ・紙)。測定データの回収についての詳細は各機器のライセンス講習時に説明があります。
また、測定終了後には「測定データボックス測定データボックス」を使用して利用報告書を申請して下さい(一部の機器では省略しています)。なお、実際の利用時間が予約時間よりも大幅に(概ね3時間以上)短縮される場合は、直ちにセンター教職員にお知らせ下さい。

依頼測定

6依頼測定の申込・試料提出

依頼測定の申し込みは、設備NWのオンライン予約・課金システムにログインし、利用したい機器の「依頼測定予約」を選び、必要事項を記入して下さい(利用ライセンスは不要です)。これと合わせて依頼測定申込書(電子ファイルまたは紙)を提出して下さい。
測定スケジュールや試料提出方法については各機器の管理担当者とご相談下さい。

7依頼測定の結果報告

依頼測定の申し込みは、設備NWのオンライン予約・課金システムにログインし、利用したい機器の「依頼測定予約」を選び、必要事項を記入して下さい(利用ライセンスは不要です)。これと合わせて依頼測定申込書(電子ファイルまたは紙)を提出して下さい。
測定スケジュールや試料提出方法については各機器の管理担当者とご相談下さい。

機器利用後の手続き

8 利用内容の確定・料金請求

機器の予約情報、利用報告書等の情報に基づいて、研究室・部署(機関)ごとに課金します。利用時間などに変更があった場合は必ず利用報告書に詳細内容を記入して申請をすると共に、必要に応じて直ちにセンター教職員に連絡して下さい。
利用料金は機器や利用方法によって異なります。詳しくは、共用機器一覧・利用料金表をご覧下さい。
各機器利用の終了後1ヶ月以内に、設備NWから利用内容と料金が確定した旨のメールが利用者および会計責任者宛に届きますので、詳細をご確認下さい。
なお、利用料金の支払い時期は学内利用・学外利用で異なります。詳しくは、利用に関するQ&A(12P)をご確認下さい。

来所時・機器利用時の注意等

  • 1. 共用機器センターの玄関(自動ドア)の開扉時間は平日8:30~18:00(夜間・土日祝日は施錠)
    スタッフ(総合受付)の応対時間は、平日9:00~17:00となっていますのでご注意下さい。
  • 2. 開扉時間外の入館希望の方(原則として学内利用者のみ)は、事前に「時間外利用届」を総合受付に提出して下さい。ICカードキーをお渡しします。カードキーは測定終了後、速やかに返却して下さい。
  • 3. 共用機器センターおよび各機器の設置施設内では本学および各施設が提示する利用ルールに従って下さい。
  • 4. 機器利用時には、調製済みの試料を持参して下さい。センター内での試料調製は原則としてできません。やむを得ない場合は事前にスタッフまでご相談下さい。
  • 5. 機器利用後は次の利用者の迷惑にならないように、機器室内の状態を元の状態に戻して下さい。
  • 6. 地震や火災等の非常時には、スタッフの指示または建物の掲示に従って避難等を行って下さい。
    また緊急時の連絡先は、センター内の火災報知器設置場所等に掲示してあります。
  • 7. 千葉大学は環境ISO14001及びISO50001を取得しています。節電・節水・ゴミの分別を心がけて下さい。特に、一時退室時の消灯および空調の停止にご留意下さい。

学外利用に関する特記事項

学術利用と一般利用

学外の方による機器利用は、その目的によって「学外学術利用」と「学外一般利用」の2種類に区別され、それぞれ利用料金などが異なります(詳しくは共用機器一覧・利用料金表)。

学外学術利用:主に学術研究を目的として測定・実験の成果を公開する場合に適用され、大学などの教育・研究機関
       や公共機関など学外学術利用:による利用が該当します。

学外一般利用:主に商業利用を目的として測定・実験の成果を非公開とするもので、
       民間企業による利用が該当します。
       ただし、民間企業の利用であっても成果の公開を前提とする場合は学外学術利用に分類されることが
       あります。学外一般利用:詳細は事前にセンターにご相談下さい。

学外利用前の注意

学外からの機器利用の手順は、ほぼ『利用の手引き』に記載されている通りですが、初めて本学の共用機器を利用する場合は、原則として利用開始前に共用機器センターに来所して、スタッフと打ち合わせを行って頂きます(利用者測定、依頼測定を問わず)。またご希望に応じて実機見学を行うことは可能ですが、打ち合わせ当日に測定を行うことは原則としてできません。

また、特に学外一般利用の場合には、測定データの秘密保持や機器破損時の取り決め等についての「覚書」を利用開始前に作成します。なお、覚書の文面は定型を用意していますが、双方協議の上で追加修正ができますので、ご相談下さい。

学外利用における来所時・機器利用時の注意等

  • 1. 学外利用は原則として平日の昼間(9:00~17:00)のみとさせて頂きます。それ以外の時間帯での利用を希望される場合は、必ず事前に共用機器センターまで電子メールでご相談下さい。ただし機器管理の都合上、時間外の利用希望には対応できない場合がありますので、ご了承下さい。
  • 2. 機器によっては事前に学内利用予約や対応するスタッフの予定を調整する必要がありますので、学外利用予約は概ね1週間前までに行って下さい。
  • 3. 学内の教育研究のための利用、機器の保守・修理および講習会の実施などにより、予約時間の変更をお願いすることがあります。また、学内利用の繁忙期(年末~年度末)等においては、利用時間の制限をお願いすることがあります。
  • 4. 自動車で来所される場合は、大学正門の守衛所で臨時入構許可証を受け取って下さい。なお、本学西千葉キャンパスでは、自動車で1時間以上入構する場合は1時間毎に100円の料金がかかります。(1時間までは無料、24時間最大500円)。また、共用機器センターには専用駐車場がありませんので、周辺施設の駐車スペースをご利用下さい。
センター利用案内