共用機器センターとは
利用の手引き
職員一覧
総合ニュース
業績紹介
リンク
イベント案内
  • 千葉大学研究設備活用システム(CURIUS)
  • 千葉大学共用機器センター利用案内
  • 主要装置一覧
  • 設備サポート
  • 分子構造解析化学講座

利用の手引き

トップ > 利用の手引き > 利用の流れ

利用の手引き

利用の流れ

ユーザー登録

測定ライセンス取得(ユーザー測定の場合)ネットワークユーザー登録

ユーザー測定

ネットワーク予約試料及び測定申込書持参測定測定終了後、申込書を提出試料を持ち帰る

依頼測定

機器管理責任者に連絡(ネットワーク申請)試料及び測定申込書を提出測定結果及び試料を受け取る

ユーザー測定と依頼測定

共用機器センターでは、利用者自身が自ら機器を操作して測定を行うユーザー測定を推奨しています。これにより、機器の利用率が向上し、測定料金も安価に設定できます。
ユーザー測定を行うためには、機器ごとの測定ライセンスを取得する必要があります。

一部の機器では、専任スタッフおよび機器管理責任者による依頼測定も受け付けています。依頼測定が可能な機器については、主要装置一覧をご覧下さい。なお機器ごとに対応状況が異なりますので、共用機器センターまたは機器管理責任者にお問い合わせ下さい。

ネットワーク予約

主な分析機器は大学連携研究設備ネットワークのオンライン予約・課金システムに登録しています。これにより、学内だけでなく他大学の研究者も、共用機器センターの機器を簡便に予約・利用することができます。

ライセンス取得後、各研究室の会計責任者にネットワークの利用者登録を行って頂きます。登録されるとIDとパスワードが発行され、ネットワークへのログインが可能になります。IDとパスワードは、各機器で共通です。

依頼測定の場合も、ネットワークを通して申請をすることができます(大学・研究機関のみ)。依頼測定のみの場合は、測定ライセンスを取得する必要はありません。

TOP